お歳暮を喪中の人に贈る場合の注意点

お歳暮は年末近くになって、1年の感謝やお礼の気持ちを伝えるためにお贈りするものです。

お贈りする品物に制限はありませんが、多くの場合すぐに使うことができる生活消耗品やおせちに使用することができる生鮮食品であり、贈る場合には紅白の水引がついている熨斗紙をつけます。


本来お贈りする品物に感謝の気持ちを込めた手紙を添えますが、近年では百貨店やスーパーから直接送ることもできるようになっており、品物そのものだけが相手に送られている状態です。

お歳暮情報があれば全てが解決します。

そのためお歳暮を贈る場合には、より一層相手のことを考え贈らなくてはなりません。


通常は品物に紅白の水引がついた熨斗紙をつけますが、相手が喪中、もしくは忌中の場合は紅白の水引を使用しないのが一般的です。



お歳暮自体は感謝の気持ちを伝えるために贈るので、たとえ喪中であっても送って差し支えないのですが、添える熨斗には注意しなくてはなりません。
紅白の水引はおめでたいことを意味しているので、無地の短冊を用意し、表書きと名前のみを入れて品物に添えます。


手紙を一緒に同封する場合にもおめでたいことを意味している言葉は避けるようにします。



忌中においては喪中よりも気を遣う必要があり、忌中に贈り物をしてしまうと香典ととらえられてしまう可能性があります。そのため重なっている場合は忌明けに贈るようにし、年内に明けない場合は、松の内と言われる1月7日以降に寒中お見舞いとして贈るようにします。