お歳暮とお中元の違い

日本ではお世話になった人に物を送る習慣があり、お歳暮とお中元は代表的な内容の1つになります。


ただしお中元とお歳暮には違いがしっかりありますが、明確な違いが分からない人も多いです。
では実際に違いですが、まずは大きく異なるのが季節になります。
お中元の場合は夏ごろに贈るものであり、6月中旬から7月中旬頃が目安になります。

ただし関東と関西でも多少の違いがあり、関西地方では7月下旬から8月中旬頃に贈る事が一般的です。

次にお歳暮ですがこれは1年お世話になった人に贈る物になるため、12月初旬から12月末までに贈るのが一般的となります。

贈る時の意味合いとしては、お中元は半年間お世話になりましたという意味と同時に夏の暑い時期に対してお見舞いの意味も込められています。

お歳暮の特徴を紹介するサイトです。

お歳暮の場合は1年間お世話になりましたという意味の他に、今後も末永く宜しくお願いしますという気持ちが込めるので贈る相手はしっかり選ぶ事が大切です。


基本としてお歳暮の場合は一度贈ってからはずっと贈り続けるという事になる為、今後もより長くお世話になる人に贈ることがポイントになります。



次に異なるのは熨斗になり、両方とも水引自体は紅白蝶結びを選び何度もあっても嬉しいという意味合いを選びます。

表書き自体は贈る次期によって異なるので、時期に合わせた表書きを選ぶ事がポイントです。


寒中見舞いやお年賀など贈る時のタイミングで、熨斗に記載する表書きは変えるようんします。