お歳暮を贈る時のポイント

お世話になった人への贈り物として、日本ではお中元やお歳暮があります。


社会人になって仕事を始めてからは、お世話になる人や感謝している人などが増えてくるので、贈る人なども増えてきます。

お歳暮についての情報をお探しの方は必見です。

ただしどのように贈ったらいいのか、両方贈った方がいいのかなど悩む事も多いです。まず基本的に必ず贈らなくてはいけないという物ではなく、お世話になった人に感謝の気持ちを伝えたいという思いがある場合であれば贈る物だと考えるようにします。お中元とお歳暮両方を贈っても問題はありませんが、都度贈る事で費用的に負担になると感じる場合であれば、お中元を贈る事は止めてお歳暮だけでも問題はありません。



重要度はお歳暮の方が長くお付き合いがある人に贈る物と考えておくと、今後誰に贈ったらよいかを決めやすいです。

理由には1年お世話になった人への感謝の気持ちで贈りますが、それと同時に今後も宜しくお願い致しますという気持ちも込められます。

来年への挨拶という意味合いも含まれるので、今後仕事でお世話になる人や今後長く付き合いが続く人と考えて選びます。

贈る際のポイントは毎年継続して贈る物という事を理解して、1年だけではなく毎年贈る事が前提です。



一度だけ贈るというのは、かえって失礼になるので注意する必要があります。

今年はお世話になったからとその年だけ贈りたいという場合は、熨斗などをつけずにお礼の品を贈るという方法を選ぶとマナーとしても良いです。