Skip to content

残業代請求に応じてもらえない時は弁護士に相談

残業代請求をしてもなかなか応じてくれない企業というのは少なくありません。

労働者側の権利を軽視している企業に対してはそれなりの方法で残業代請求をすることが大事なので、弁護士に相談して取り戻すようにしましょう。個人単位の請求に対しては企業側も甘く見る傾向にあり、コンプライアンス違反を平気で行っている企業の場合には請求しても無視されることが多くなっています。

しかしながらそうした行為は弁護士の強制的な請求によって確実に覆す事が可能です。労働問題に詳しく労働者の権利を熟知している法曹の専門家は理詰めで企業に対して問いただしを行います。万が一企業が不服とした場合でも強制執行にて差し押さえをすることができるので、残業代の請求は労働者に認められている当たり前の請求権です。

遠慮無く請求を行い万が一茶化したりごまかすような企業があったら、遠慮無く弁護士に依頼して残業代請求をしましょう。残業代を支払ってもらうためにはそれなりの証拠が必要になりますが、証拠の固め方は簡単です。まず通勤した証拠を残していき、毎日日記をつけることも有効な対策になります。

タイムカードや勤怠管理システムを使っている企業の場合には、それらのシステムも動かぬ証拠なので、必要があれば請求の際に弁護士に渡しましょう。タイムカードを強制的にごまかす企業があっても防犯カメラの映像などから残業していた証拠をおさえておくことはできますので、証拠を揃えて弁護士に相談することが一番です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です