Skip to content

残業代請求を行いたい場合は弁護士まで

残業代とは所謂時間外手当のことで、1週間40時間以上働いていたり、1日でも8時間以上働いている場合は発生しています。

昨今日本では労働者が企業に対して残業代請求をするケースが増加しています。残業代といってもその額を好きに決めていいわけではありません。残業代請求が増えている背景には、企業側が法廷遵守せず、正しい残業代を支払わないケースが増えているためです。残業代には法内越勤と時間外労働の二種類があります。

問題となっている残業代は、「時間外労働」です。残業代が発生しているかもしれないけど計算方法が分からないという人は、弁護士に相談してみましょう。労働事件を専門として扱っている弁護士であれば、直ぐに計算してくれます。

時間外労働とは法律で決められている労働時間の上限を超えた場合に発生する残業代で、8時間を超える普通の残業であれば通常の賃金で25%増しとなり、休日労働の場合は35%増し、午後10時から午後5時までの深夜残業の場合は50%増しとなります。弁護士に残業代請求を依頼すると、弁護士が間に入って企業との間で交渉等にあたりますので、企業から直接連絡が入る事はありません。

最近では報酬のパーセンテージを上げる分、相談料や着手金を無料としている事務所が増えてきていますから、残業代について疑問がある場合にはまず相談をしてみましょう。何故弁護士が相談料や着手金を無料に設定するかというと、法的根拠を示すことが可能な案件ならば、裁判所は必ずといっていいほど企業側に残業代の支払いを命じるためです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です