Skip to content

残業代請求は専門の弁護士に依頼しよう

1日8時間以上、週に合計40時間以上働いている場合は残業代が発生しています。

残業代の請求権は発生後2年で消滅してしまうので、心当たりのある人は1日も早く残業代請求を得意とした弁護士に頼むことが重要です。残業代請求は労働者の当然の権利ですから、請求を躊躇うことはありません。請求をためらっている間にも過去の残業代が消滅時効にかかり獲得できる額が減ってしまいます。

しかしながら、残業代請求を個人で行うとなると書類の準備などの証拠集めは勿論、会社との交渉も自分自身で行わなければなりません。一人残業代が認められてしまうと該当する全員に支給義務があることになりますから、会社の中には労働者に対し圧力をかける所もあります。ただでさえ金銭請求は骨が折れるというのに相手は勤務先もしくは元勤務先です。

個人が会社に請求して認められることはほぼなく、無駄に精神を疲弊しかねません。弁護士は残業代請求にも精通しているため、残業代請求を弁護士に依頼することで逆に会社側にプレッシャーをかけることが可能です。弁護士を通じ内容証明郵便にて請求を行ったところ直ぐに支払いに応じた会社もあります。

これは長期の争いとなり裁判でも和解が成立せず判決で残業代が認められた場合、残業代の支払いが他の社員に普及しかねないため、早期の段階で示談をしようとする会社側の狙いがあるためです。昨今の労働審判及び裁判ではほぼ労働者側の訴えが認められる傾向にありますから、会社としても痛手は最低限に留めるため、労働者が弁護士に依頼をすると交渉で支払いに応じるケースが増えてきています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です